瞳キラキラ!「アタック№1」鮎原こずえの鉄メンタルがすごすぎる!

【アタック№1。主役がこんなに気が強いマンガってあんまりないかも?】

♥ライターちゆゆんです♥

浅丘ルリ子さんみたいなお顔の主役・鮎原(あゆはら)こずえ。

今、アニメを観ている最中です。

マンガもアニメも、どっちもおもしろい。もう笑いっぱなし。

何がおかしいって、やっぱり主人公の負けん気の強さでしょうか。

少女マンガって、だいたい「はじめはちょっと気の弱い女の子が、だんだん成長とともにたくましくなっていく」流れが多いとおもうんです。

でも、このアタック№1の「こずえちゃん」は、最初からいきなりたくましいんですね。

主人公って、ちょっと葛藤したり、失敗したり、悩んだり・・・の過程で、読者を引き込んでいくモノ。

だけど、こずえちゃんは最初っから”パーフェクト”なんですよ。

100点満点の優等生なんですね。

「やな感じ 首席だなんて たいしたことじゃないのに」。ヒロインのセリフではない

不器用どころか、超世渡り上手!<不良少女までバレー仲間に引き込むことができる>優等生なんです。

先生にも頼られ、勉強も秀才レベル、スポーツ万能。バレーの難しい技も着々と身につけるし。

敵視してくる人さえもうまくあしらって、味方につけていく。

不良少女からも「親分がいなきゃダメなんだよぉ~」と慕われて、頼れる姉御肌です

困難があれば、冷静かつ器用に対処。

「もうコレ、マンガにする必要ないんじゃ?」って思ってしまう。

時代なんでしょうね~。このアタック№1の時代には、こういうテキパキした女の子は少なかったみたいです。

こういうスポーツ少女が、世の少女の理想だった時代もあるんですね。

応援したくなる主人公ではなく、いきなり女優のような主役オーラを放つ主人公。

【時代を感じさせるセリフまわしがステキ!「不潔よ!」とか言ってみたい】

「うわさどおり手もはやいのね さっそく一ノ瀬さんに近づいてるわ」

「おどろいたわね まったく」

こんな聞こえよがしの陰口をいわれまくる主人公。

ちなみに一ノ瀬さんとは、学園のアイドル的なハンサム男子です。

まぁ嫉妬されるのもムリはありません。だって、一人だけ浮くくらい美少女に描かれている。

マツゲがバシバシで、目がキラキラ。髪型もお洋服も、誰よりもかわいいんです。

その他大勢の女子、もうちょっとかわいく描いてあげてほしかったです(あまりにみんな地味)。


たまにこんな意地悪そうな表情にもなります(笑)。

意外と策略家でもあるんですよ、鮎原こずえ。

スパイ活動をする部員のあとをつけてさらにスパイしたりもします。

やめようとする部員を引き止めるために、ちょっと脅迫めいた行動にも出ますし。

根性も座っています。やだ、かっこいい・・・♥

スポコン漫画なので、バレーの技を磨き、どんどん試合に勝ちあがっていく登場人物たち。

そのあたりは王道の流れではあります。

でも、鮎原こずえの未来は輝かしいばかりではなかった・・・プライベートで、けっこう辛い境遇が待っているのです。

ただ困難にあっても、たくましいこずえちゃんのことです。

ひょうひょうと乗り越えていっちゃったりするので安心。

メンタル強すぎぃ!あたしも見習わなくちゃ☆

「くるしくったって~ かなしくったって~♪」


スポンサードリンク



当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ