「亜人」の永井圭くんってサイコパス?性格が冷静沈着なだけ?ajin

⇒「この漫画が面白い2014」オトコ編に選ばれた「亜人」、展開の読めなさがゾクゾク!無料立ち読みはeBookJapan!

【漫画「亜人」の主人公・圭くんはクズと呼ばれる少年】

「亜人」。またまた面白い漫画に出会っちゃいました。

【ザックリした第1クールまでのネタバレ】

「亜人」とはヒトのカタチをした、何度殺しても生き返る体質のヒトならぬ者。

主人公・永井 圭(ながい・けい)くんは、医学部を目指す優秀でムダのない性格の高校生。kei彼は不運にもトラックにひかれて死んだはずが、思いがけず生き返ってしまい、

日本で第三例目とされる「亜人」認定されてしまいました。

それまで人間として生きてきた圭くん、

いきなり世界中から”捕獲対象扱い”されてしまいます。

圭くんは「バカな奴らと付き合ったら損をする」という母の教えどおり、

これまで幼馴染で犯罪者の息子である、

ちょっとヤンキー寄りの「海斗(カイト)」くんを無視してきましたが、

亜人認定されて追われる身となった圭くんを救ったのは、その海斗くんでした。

ビバ友情。

ajin1

”亜人”の生態はまだ研究者の間でもナゾとされていて、人間に捕まったら最後、

何度も殺され蘇生されて、切り刻まれる運命。それから逃れるべく、

圭くんは海斗くんとともに逃亡生活を始めますが、海斗くんは普通の人間なので、

「もう一緒にいられない」と一人で逃げ始めます。

そして圭くんは、日本で第一号・第二号の”逃亡亜人”である

佐藤・田中という男たちに出会います。

しかし仲間かと思いきや、彼らは人間に強い恨みを抱く亜人であり、

かつて人間どもに拷問されたことを根に持っています。

2人の亜人たちは、圭くんを仲間に引き入れるために、わざと人間に捕獲させ、

圭くんに人間への敵対心を植え付けようと試みます。

捕獲された圭くんは、何度も殺され、何度も蘇生させられ、地獄の苦しみを味わいます。

ふつうは、この時点で人間への憎悪が高まり、復讐心を燃やすはずですが、

圭くんはわりと淡々としているんですね。

圭くんって、漫画の主人公にはあまり似つかわしくない冷めた人格で、

「ちょっとサイコパス寄り?」と思われる言動が多い。

主人公がサイコパスだと、読者は感情移入しづらくて戸惑うと思うんですが、

そのへん、どうなんでしょうか?続巻アリなので、

圭くんがサイコパスかどうかはまだ判断がつかない感じ。

⇒主人公はサイコパス!?斬新設定の漫画「亜人」。無料立ち読みはeBookJapan!

【圭くんはサイコパス的性格なのか?損得勘定ばかりが先立つ】

kei2圭くんは医学部狙いということで、

ヒトの肉体的苦痛や死ぬまでの秒数などを熟知しています。

だからこそ、自分が「亜人である」と知ったときも、

多少衝撃はあったにしろ、それより「亜人の生態を知りたい」という好奇心

上回っている印象でした。だから、自分の不滅の肉体を実験台に

自傷行為を繰り返しつつ、亜人の自己研究を進めていくんです。

また、ほかの亜人に遭遇したときも、確実に仕留める方法を探ったりして、

人間らしい感情がすごく少ない。ちょっと異常な感じがします。

現段階で(第一期時点)、亜人の生態が解明されていないことから、

「サイコパス的性質は亜人の特性なのでは?」とも思えるんですが、

k同じく亜人の「中野 攻 (なかの・こう)」くんは人間らしい正義感や感情に溢れていて、

圭くんとは対極の性格なんですね。なので、<亜人=サイコパス>ではないようです。

そういえば漫画「亜人」って、ちょっぴり「東京喰種(トーキョーグール)」に似ています。

でも喰種のカネキくんのように、人間らしく悩むことをしない圭くん。

彼の思考回路はどうなってるんでしょうか?気になるところです。

taisaku

ところで人間は皆、不死である”亜人”を気味悪く思っています。

なので、これを捕えようとする優秀な亜人対策チームも発足しています。

とくに左側の男(戸崎)は亜人に対して個人的恨みを持っており、

圭くん確保に努めますが、圭くんがサイコパス的な切れ者であるために、確保に難儀します。

その一方で、亜人1号2号をはじめ、全国に潜んでいた亜人は決起し、

人間を支配しようと動き始めます。

これを傍観する圭くんは、高みの見物を決め込むかと思いきや、

なぜかその動きを阻止しにかかります。

ただ、よくある少年誌展開のように、

「最初は未熟な主人公がだんだんと心が成長していく」という感じではなく、

圭くんは何か思惑があって、自分のためだけに動いているのかもしれないんですね。

その設定が前例のない感じで、先が読めず斬新に感じます。

他人の痛みに対して妙に鈍感な主人公の動向が気になって仕方ない!

それにしても亜人って、何度も生き返るにしたって、

死ぬ瞬間の痛みを何度も味わうことになります。

「死ぬ瞬間の痛みや苦しみって、繰り返すうちに慣れるものなのかなぁ?」なんて、

1度しか死ぬことのできない私は、いろいろと痛い想像をしてしまう。

何度も死んだりして、DNAが傷ついたりしないのかなぁ?謎の多い魅力的なマンガです。

⇒不死の冷徹な高校生は、どう生きていく?漫画「亜人」、無料立ち読みはeBookJapan!

スポンサードリンク





当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ