手塚治虫が好きな人にオススメ!歴史も学べる漫画「アドルフに告ぐ」

出典:gakushumanga.jp

「アドルフに告ぐ」を知ったきっかけ

今回私がオススメするのは、手塚治虫さんの「アドルフに告ぐ」です。

私が、初めて「アドルフに告ぐ」を読んだのは、高校3年生の時でした。

受験勉強に追われていた私は、気分転換に手塚治虫さんの漫画を読んでいました。

漫画「ブッダ」や「火の鳥」、「ブラックジャック」を読んでいるうちに、手塚治虫さんの作品に魅力を感じ、「アドルフに告ぐ」を読んでみようと思いました。

ネタバレ注意!「アドルフに告ぐ」のストーリー

「アドルフに告ぐ」は、第二次世界大戦中の物語です。

ある主人公が、ドイツ人のアドルフ、ユダヤ人のアドルフ、そしてアドルフ・ヒトラーの、同じアドルフでも三人の違った人物と関わっていくお話しです。

三人のアドルフを巡るストーリーの展開が上手に描かれています。

私が、「アドルフに告ぐ」の中で、一番印象に残っているセリフがあります。

ユダヤ人虐殺のために、ユダヤ人が連行されていくシーンがありました。

その時、連行されているユダヤ人の中で、1人のバイオリン弾きの男性がいました。

ドイツ兵は、彼に対して、「ユダヤ人のゴキブリ」とののしりました。

すると彼は、「ゴキブリは、まだいいです。生きる権利を認められています。しかし、ユダヤ人は、生きる権利さえ認められていません。」と言いました。

私は、その言葉に対して、心にぐっとくるものがありました。

「アドルフに告ぐ」は深く考えさせられる作品

出典:tezukaosamu.net

もっと歴史を深く勉強しなくてはいけないと思うのですが、ユダヤ人虐殺のように、どうして簡単に人を殺せるのかが、不思議でたまりません。

ストーリーを読んでいますと、ユダヤ人虐殺を指示したヒトラー自身が、ユダヤ人であり、精神的にもおかしかったと描かれています。

三人のアドルフを巡ってのストーリーである「アドルフに告ぐ」は、ハラハラドキドキさせられたり、色々と考えさせられたりするおもしろい漫画だと思います。

ぜひ一度、「アドルフに告ぐ」を読んでみて下さい。


【DMMゲーム】【11/22~11/27まで10円CP】同人:10円キャンぺーン(ノンアダLP)MobeeAF/SP-PC(BRO)
スポンサード リンク


当サイト人気記事! アメーーク!!でマンガ芸人達がおススメしていた作品まとめ

【閲覧注意作品】 衝撃の女郎の物語・・・最後まで苦しい「親なるもの断崖」
電子書籍サイト徹底比較
スマホやPCでマンガを読むなら?
 ⇒ 当サイトで人気の電子書籍4サイトを料金や口コミで徹底比較!必ず気に入るサイトがある☆

比較なんて面倒だ!という方は電子書籍の最大手「ebookjapan」にしておけば間違いなし!
「ほとんどの作品が無料試し読み可能」
「1冊づつ購入可能」
「お得なキャンペーンが多すぎ!」
「ポイントが貯まってまた買える!」
「マニアックな作品も多数あり!」
「雑誌、写真集、小説なんでもあり!」
って感じで初めて使う方でも、探している漫画がある方でも、このサイトだけで十分満足できちゃいます。 button_001
スポンサー リンク

現在のページTOPへ

【PROJECT6】ホームへ